まずは無料相談 資料請求はこちら 公式通販サイト
まずは無料相談 資料請求 公式通販サイト

お役立ち情報

Pick up info

2019.5.29

【販促講座09】店販商品が自然に売れやすくなる環境づくりとは?

こんにちは!ケーアです♪

 

サロンではたくさんの美容商品を取り扱っていると思いますが、店販商品を売ることに苦手意識を持っている美容師さんも多いのでは?

 

サロンにとって店販商品の売上を上げることも大切な仕事のひとつですよね。

 

そこで今回は、店販の販売に苦手意識をもっている美容師さんにオススメ!

店販を売れやすくするための3つの環境づくりをご紹介します☆

 

 

◆ スタッフ全員が実際に商品を使ってみる

 

基本的にモノを売るということは、その商品のことを理解していないとできません。

お客様はいつも担当してくれている美容師さんからの感想や、自分の髪に合っているかを聞きたいと思っています。

 

実際に使ってみて、本当に良いと思った商品の感想は、お客様と同じ目線の言葉なので、伝わりやすいでしょう。

「これはいい!」と思ったときの感動体験を自分の言葉でお客様に伝えられるよう、商品は実際に使ってみましょう!

 

◆ 商品のディスプレイ方法にひと工夫

 

人の胸から肩の高さは最も商品が目につきやすく、手に取りやすい位置と言われていて、ここを「ゴールデンゾーン」と呼びます。

女性の場合のゴールデンゾーンは一般的に「床から0.6m~1.5m」の高さと言われています。

サロンで店販商品を陳列するときは、このゴールデンゾーンの高さを意識するのがオススメです。

 

 

ただセット面の近くでディスプレイをする場合は、お客様が座っているため目線が変わるので、実際にお客様と同じ動きをして見やすさを確認するといいでしょう♪

 

◆ 商品を実際に施術で使用する

 

お客様が店販商品を購入しない理由で多いのが、「美容室の商品を買わなくても特に困らない」という意見です。そんなお客様に「それ欲しい!」と思ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?

商品の良さを知ってもらうために一番効果的な方法は、実際に使ってもらうことです!

 

例えば、「私も使っていて、とてもいい香りのするヘアオイルがあるんですけど、仕上げにお試しで付けてみましょうか?」とお客様に聞いてみてください。お客様が興味を持っていただいたら、商品の使い方や効果をお話しましょう。

もしこれが直接、購入に繋がらなくてもお客様はサロンで使用している商品を無料で試せたと少し得をした気分になり満足していただけます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の内容を参考に、売り込みをするのではなくお客様が自然に欲しいと思っていただけるような環境づくりで店販売上UPにつなげましょう♪

 

  • facebook
  • twitter
  • line