こんにちは、美容業界に特化した企画プロデュース会社のケイアートファクトリーです。

個人で美容室をオープンする際は、ひとりで美容室の立地決めやコンセプトづくり等とにかくやることが多く大変ですよね。
特に集客はその後の美容室運営に大きく関わるので、不安をかかえている方も多いのではないでしょうか?

今回は美容室の新規オープン集客でお悩みの美容室オーナー向けに集客を成功させるための7ステップをご紹介したいと思います。
オープンまでの全体の流れと実施目安時期を把握することで落ち着いて事前準備をすることができます。

また弊社では美容室オープン集客を全面的にサポートさせて頂きます。
今回ご紹介する7ステップの内容やその他気になる内容がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

オープン準備は半年前から!成功までの7ステップ

STEP01)エリアマーケティング(商圏分析)
実施目安時期:半年前

まずは美容室の出店場所をリサーチしましょう。

エリアマーケティングを行うことで、サロンのターゲット層と実際にエリアに住んでいる人がマッチしているか、
集客方法はポスティングが良いのか、新聞折込が良いのか等、的確なオープン戦略の準備をすることができます。

エリアマーケティングをした後は、実際にエリアを歩いてみる事で肌感覚で立地場所を把握することができます。

step01

→無料でエリアマーケティング資料をご提出させて頂きます。ご希望の方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

STEP02)競合分析
実施目安時期:半年前

エリアを決定したら、次に競合になる美容室を最低3サロンは分析しましょう!出店場所にもよりますが、お店から1km~2km以内にある美容室が競合店になります。

分析は、実際に競合サロンにお客として行ってみたり、WEB上で競合サロンの技術メニュー価格を調べたりします。
実際にサロンに行く場合は店内やスタッフの雰囲気と来店される顧客層、また使用している集客ツールを確認します。

競合分析は、事前に確認する項目をまとめた「競合調査シート」を作っておくとスムーズに分析することができます。

step02

→競合店調査シートのテンプレート(無料)をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

STEP03)ペルソナ設定
実施目安時期:4カ月前

集客を考えるにあたってペルソナ設定はとても大切です。

なぜなら来店して頂きたいお客様がファミリー層なのか、学生なのかによってメニューの打ち出し方やキャッチコピーが変わるからです。

具体的にイメージすることで来店して頂きたいお客様に合ったメニューやサービスを考えることができます。

氏名・年齢・性別・居住地・職業・家族構成・休日の過ごし方など、お店が満足して頂きたいお客様像をまるで実在する人物のように考え設定します。

step03

→ペルソナ設定シート(無料)をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

STEP04)美容室の強み(メニュー)づくり
実施目安時期:4カ月前

エリアマーケティング・競合分析・ペルソナ設定をベースに、美容室の「強み(メニュー)」を作っていきましょう。

「強み分析シート(マンダラシート)」を使用すると「強み」に深みが出ます。

サロンの強みメニューを深掘りすることで、メニュー名にも内容を反映することができます。
例えば「カット」を「似合わせカット」にしたりといったように、少しの説明を加えるだけでもお客様によりお店の強みが伝わりやすくなります。

時間はかかると思いますが、美容室の顔となりますので他店には無い独自性のあるメニューを作っていきましょう。

step04

→強み分析シート(無料)をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

STEP05)売上目標を決める
実施目安時期:3カ月前

美容室の安定した売上の為に売上目標を決めましょう。

売上目標を決めることで告知手段・必要な集客ツール等具体的な行動計画を立てることができます。

独立前に働いていた美容室での数値やお店の強みを基に考えていきましょう。

下記の図は必要最低限決めておいた方が良い数値項目です。
オープンするお店に合わせて項目を追加したり削除し目標設定をしましょう。

step05

 

STEP06)集客ツールを用意する
実施目安時期:2カ月前

売上目標が決まれば、目標達成のために必要な集客ツールを用意していきましょう。

集客ツールは戦略や予算によって異なってきます。必要な時期・配布する時期を決めて、余裕を持ったスケジュールで準備をすることが大切です。

弊社がオススメする美容室オープンに必要な集客ツールはご覧の通りです。
各集客ツールの必要枚数はオープンするお店の立地や店舗規模によって異なりますので、ここではツールだけをご紹介させて頂きます。

  • 美容室オープンに必要な集客ツール
    ・オープンチラシ
    ・ポスター
    ・ホームページ
    ・紹介名刺
    ・リーフレット
    ・移転オープンDM
    ・資材(カルテ・伝票)
    ・ショップカード類
    ・新規お礼DM

step06

今回ご紹介した集客ツールはオーナー自身が無料サイトなどを使って制作することもできますが、
作業時間とデザイン性で比べるとやはり、専門の広告代理店やデザイン会社に依頼することをオススメします。

特に名刺やカードはお店の顔となりお客様の手元で長く保管してもらうため、お店の雰囲気に合ったデザインで作りましょう。

 

STEP07)「ロープレ(予行練習)」をしましょう
実施目安時期:1カ月前

集客ツールの渡し方や接客など実際の場面を想定しながらロープレをしましょう。

例えば複数人で美容室をオープンする場合、カルテに記載する項目を整理しておくことで、顧客管理が属人的にならずお店として顧客管理をすることができます。

またステップカードやメンバーズカードをお客様にオススメするトークも予め練習しておくことで、実際にオープン日にお客様が来店した際にもバタバタせずに落ち着いて対応できます。

オープン前に課題点を把握し、改善することで安心して美容室のオープン日を迎えましょう。

step07

 

最後に

美容室のオープンで集客を成功させるための7ステップはいかがでしたでしょうか?

ステップ数が7と聞くと多く感じるかもしれませんが、一つずつ見るとどれも理由があり大切なことが分かります。

弊社では、エリアマーケティング(商圏分析)や、ペルソナ設定など今回ご紹介した各ステップでの内容を無料でご提案しています。
美容室のオープン集客でお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

キャプチャ